野菜を安全に

私たち日本人の食生活において、野菜は切り離すことができない食材だといわれています。古くから畑や木々で食物を育ててきた日本人にとって、農作物は暮らしを支える上で重要な役割を担っています。そのため、時代が進むにつれ、農家は効率よく作物を育てることを重点にすべきだとされています。農家の中には、害虫を駆除するための農薬や、そういった土を使用するなどの対策方法を施しているところもあります。食卓には欠かせない野菜をより安全に食べるためには、口にする野菜をしっかり見極めるということです。最近では昔ながらの栽培方法で無農薬野菜を育てている農家も増えています。また、野菜にこびりついた農薬や汚れをしっかりと落とす野菜用洗剤が販売されるなどの対策も施されています。自分や家族の健康や安全を守るためにも、そういった野菜を購入するようにしましょう。

汚れが残っている野菜を口にすると食中毒に至る危険があります。皮を剥いて加熱すればほとんどの菌が消滅するため安全に口にすることができます。しかし、最近流行している野菜ジュースや生野菜サラダなどを口にするときは注意が必要だといえます。また、健康ブームに伴い栄養素を多く含んでいる皮ごと食すことが流行しています。そのようなブームにも適応しているのが野菜の洗剤です。食器洗い用や洗濯用洗剤とは異なり、食べ物に使用しても構わない安全な商品です。中には野菜のみならず赤ちゃんが口にする哺乳びんやおしゃぶりなどにも使用できます。野菜用洗剤を使用すれば、生野菜や皮ごと野菜も安全に食べられます。